CSV

Corporate Sustainability– サステナビリティ

伸栄商事グループは、『すこやかなる美の創造』を企業使命として、
グループ全体でよりよい社会の実現にコミットしています。
2020年4月より社会価値創造を使命とし、『SDGsさくらロード2030』プロジェクトを発足しました。
このプロジェクトは、サスティナブルな社会の実現をSDGsを通じて目指していきたいと考えています。
私たち伸栄商事グループは、すべての事業・商品・活動を通して、この目指す姿を実現していきます。

SDGsさくらロード2030

環境に配慮した商品企画

安心と安全を一人でも多くの生協組合員様にお届けしたいという想いから、原料や製造方法にこだわっています。
当社独自の厳しい品質基準にて製造するとともに、余計なものを取り除き、昔ながらの製法で作られた石けん素地を使用しています。洗い流した後の河川や海などの環境にもやさしい、生分解性に優れた洗顔石けんです。

※生分解性とは、物質が自然界に排出された後、分解して自然に還ることをいいます。

高い品質基準

当社では独自に高い品質基準を設け、安心して使っていただける、誰からも愛される商品提供に取り組んでいます。プラスチック環境汚染が問題視されていることから、フィルム包装ではなく簡易包装にするなど、環境保全にも力を入れています。

商品学習会の実施

化粧品、健康食品、日用品雑貨など、当社が取り扱う商品特長やご使用方法などをお客様にお伝えする学習会を年に数回実施しています。

人材教育

ビジネススキル研修制度を採用し、自身のスキルアップにつながる研修を受講することができます。ビジネスパーソンに必要なトーキング・コーチングレッスンについては特別講師をお招きして実施しています。

女性が働きやすい環境づくり

女性に長く働いていただきたいという想いから、産前6週間、産後8週間の産休制度と最長2年間取得可能な育休制度を設けています。復帰後のフォロー体制として時短勤務も可能です。

ピンクリボン活動

「全ての女性の健康を願いたい」それを実現するために、ピンクリボンの啓蒙活動を実施しています。10月にはピンクリボンの活動を通じて乳がん検診の推進やチラシに表記して少しでも気づきを与える活動を実施しています。
また、お取引様・お客様への商品学習会や交流会などでも冊子をお配りし、啓蒙活動を行っています。

2020年 社内活動について

2022年度末までの社内活動 紙の使用率を大幅に削減

働きがいのある環境づくりを目指すため、日々発生しているゴミの量を減らし、オフィス美化を進めていきます。
そこで、2022年度末までの取組みとして『紙の使用量を大幅』に減らします。
紙の使用量が減ることでゴミの量が抑えることができ、仕事環境も綺麗になり、
より働きやすい環境へしていきます。

働きやすい環境づくりへ